治療

抗うつ剤とは 効果と副作用

更新日:

更年期障害でも空の巣症候群でもうつ症状が重い場合は病院で抗うつ剤が処方されます。
「抗うつ剤を飲んだら自分が弱い事を認めることになる」と抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

そもそも抗うつ剤とはなんなのか、依存性や副作用はあるのでしょうか?

抗うつ剤とは

抗うつ剤とはうつ症状を軽減させるために処方される薬です。

うつ症状とは脳内物質のセロトニンが不足している状態です。
このセロトニンの減少を少なくするのが抗うつ剤効果です。

あくまでセロトニンを増やすのではなく、減少するのを抑えることしかできないため、根本的な治療にはなりません。あくまで症状を軽くするだけの対処治療です。

ですので他の精神治療も同時におこなっていく必要があります。

風邪薬などと違って抗うつ剤の効果はすぐに現れません。
個人差はありますが2週間前後で効果が現れ始めます。

依存性と副作用

抗うつ剤には強い依存性があるというイメージを持っている方が多いです。
しかし抗うつ剤には依存性はないと言われています。

とはいっても人によっては服用をやめたら、離脱症状があったという方もいますので
一概には依存性がないとは言い切れません。
少なくとも長期間に渡って抗うつ剤の服用は避けたほうが良いです。

個人差はありますが副作用はあります。
よく見られる副作用は以下のとおりです

・手足の震え
・眠気
・口の渇き
・頭痛
・体重増加
・めまい
・食欲不振

副作用が辛く、効果が出るまで時間がかかるということから、服用を
途中でやめてしまうという方も多いそうです。

まとめ

抗うつ剤はメリットもありますがしっかりその分デメリットもあります。
病院に行き処方されてからと言って、すぐ服用せず、セカンドオピニオンを
受けても良いかもしれませんね。

またうつ症状の治療は抗うつ剤だけではありません。しっかりと自分でメリットデメリット理解した上で判断しましょう。

抗うつ剤に大きな抵抗を感じ、服用したくない方にはうつ症状で悩んでいる方向けのサプリメントもあるので検討してみてください。
↓この記事の中で紹介しています
おすすめ更年期サプリメント

-治療

Copyright© 更年期障害サポートサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.