治療

更年期障害で病院へ行く基準、また何科を受診するべきか?

更新日:

更年期の症状を感じても、このくらいで病院行くのは大げさではないか?と思い、病院に行かない方は非常に多いです。

しかしこれは非常に危険です。

ではどれほどの症状が出たら、病院に行けば良いのか?また病院に行くとしたら何科に行けばよいのか?

今回はそこら辺についてお話して行きたいと思います。

病院に行く基準

少しでも、おかしいなっと思ったら、まず一度病院にいくことをおすすめします。

これは更年期障害の症状ではなく、他の病気の可能性があるためです。

更年期障害の症状は色々な場所にでるので、すべてを更年期のせいとして、無視を続けると他の病気を見逃してしまう危険性があります。まずは本当にこの症状が更年期起因のものなのか、検査してもらいましょう。

また最近では、更年期障害かと思ったら、実は空の巣症候群だったなんてパターンもよくあります。

絶対に放置しない!これが更年期障害では重要な事です。

何科を受診するべきか

基本的には、まずは婦人科を受診しましょう。

更年期障害は女性ホルモンバランスの乱れが原因ですので、女性の体に詳しい婦人科を受診しましょう。

婦人科受診すると血液検査(ホルモン血中濃度)、超音波検査(子宮卵巣検査)などが行われます。

そこで更年期障害という診断が出て、治療が必要との判断が出されれば、ホルモン補充療法(HRT)、プラセンタ療法漢方薬処方などの治療が開始されます。

精神症状がひどければ精神科

例外として体の症状より、うつ症状など精神症状のほうが酷ければ、精神科(心療内科)を受診しましょう。

更年期障害の精神異常はうつ病に発展する可能性があります。そうなる前に心の症状のプロに相談しましょう。

精神科では基本的にはカウンセリング、症状がひどい場合は抗うつ剤が処方されることもあります。

最後に、、、、、病院に行く勇気を持ちましょう!

更年期障害で病院行くのってなんか恥ずかしいと感じますよね?

この考えで病院に行かない女性非常に多いんです。これって本当に危ない考えです。

さすがに更年期障害で死ぬことはありませんが、更年期障害の影に他の病気が隠れていたパターンはよくありますので。。。

更年期障害で病院行くことは全然恥ずかしいことではありませんので、勇気を出して病院へ行ってみましょう。一度医者に見てもらったほうが精神的にも安心できるはずです。

絶対に放置しない!これだけは守るようにしてくださいね。

-治療

Copyright© 更年期障害サポートサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.