症状別対処法

更年期に悩みやすいドライ症候群

投稿日:

更年期になると以前とは違って身体には様々な症状が引き起こされやすく、その一つがドライ症候群です。

ドライ症候群は特定の場所ではなく全身に引き起こされる特徴があります。

どのような症状?

どのような症状なのか幾つか見ていきましょう。

唾液の分泌量が減って口内が乾燥し、食べ物が飲み込みにくくなったり口臭が酷くなったりする

皮膚がカサカサと乾燥しやすくなり、潤いが失われて肌トラブルの原因に繋がる

涙腺の萎縮で涙の分泌量が減少し、目が霞んだりショボショボしたりする

皮膚の乾燥だけではなく、ドライマウスやドライアイでも悩まされやすくなります。

更年期特有の症状だと言われているのは、潤いを保つ作用のある女性ホルモンのエストロゲンが減少するからです。

ドライ症候群は症状によって対策が異なり、以下ではドライマウスやドライアイに焦点を当ててみました。

ドライマウスの予防法は?

ドライマウスを放置していると唾液が不足し、口内に細菌が繁殖しやすくなって口臭の原因となります。

そこで、どのように予防すれば良いのかチェックしておきましょう。

小まめに水分補給を行って口の中を潤す

食事の際に食べ物を良く噛んで唾液腺を刺激する

顎の真下にある唾液腺を指で強めに押して刺激する

喫煙している女性はなるべく禁煙する

タバコはドライマウスを悪化させる要因で、口の中の粘膜を荒したり歯周病を患いやすくなったりするので注意しなければなりません。

また、更年期の症状を和らげるために、サプリメントを毎日の生活の中に取り入れるのもおすすめです。

水分補給で口内のドライ症候群の解消にも繋がるので、以下のページで自分に合う製品を探してみてください。

ドライアイの予防法は?

更年期なのに加えて、毎日コンタクトレンズをしている女性はドライアイで悩まされやすくなります。

放置していると目の病気に繋がる可能性もあり、どのような予防法が適しているのか幾つか挙げてみました。

長時間に渡ってテレビやパソコンの画面を見ないようにする

意識して瞬きをして目の中に潤いを与える

薬局やドラッグストアで点眼薬を購入する(病院で処方してもらうのもOK)

目の健康維持に欠かせないビタミンAやミネラルなどの栄養素を摂取する

普段から疲労感やストレスを感じている女性は目の乾きの原因になりやすく、更年期による症状と合わさって加速しやすいので気をつけなければなりません。

冷たい空気が流れる秋冬は肌だけではなく目も乾きやすいので、どれか一つに拘らずに様々な対策を行ってみましょう。

まとめ

ドライ症候群は皮膚の乾燥だけではなく、ドライマウスやドライアイなどの症状がある

ドライマウスは口臭の原因になるため、しっかり予防しましょう

ドライアイは目の病気に発展する可能性があるため、しっかり予防対処をしましょう。

-症状別対処法

Copyright© 更年期障害サポートサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.