空の巣症候群 間違えられやすい病気

更年期障害と間違えられやすい空の巣症候群

更新日:

空の巣症候群とは

空の巣症候群とは、子供が大学への進学や就職によって家から独り立ちなどして
母親の役割を終えた際に見られる、うつ状態のことです。
世の中では「母親の燃え尽き症候群」とも言われています。

「空の巣症候群」は陥りやすい時期が40代後半から50代前半で更年期障害と被っています。
また症状も非常に似ており、非常に更年期障害と間違えられやすいことで有名です。
しかし原因も治療法も違うため、注意が必要です。

空の巣症候群の症状

空の巣症候群の症状は、体の症状と精神症状の2つにわけられます。

体の症状
・吐き気
・食欲不振
・不眠
・疲労感
・発熱
・肩こり
・頭痛
精神症状
・孤独感
・不安感
・うつ症状
・ストレス
・イライラ
・自信を失う

一人ひとり現れる症状の種類、重さも違います。
最悪の場合「うつ病」になることもあるので、症状が現れたらすぐに対処しましょう。

空の巣症候群は精神症状が強く出ることが特徴です。
体の症状のみまたは体の症状が強く現れる場合は更年期障害を疑いましょう。

空の巣症候群の原因

空の巣症候群の原因は「役割を失う事」です。

子供が独り立ちすると母親の役割を終わります。
母親の役割が終わったことにより、生きがいを失い、自分の役割を見い出せなくなり、
なにをして良いのかわからなくなります。
そのこととが原因で精神的ストレスが色々な症状として現れます。

更年期障害との大きな違いはここです。

更年期障害は閉経によるホルモンバランスの崩れ(身体的要因)
空の巣症候群は役割失うことから精神的ストレス(精神的要因)

まったく違う原因なので症状はよく似ていますが治療方法はまったく違います。

しかし陥る時期がかぶっているため同時期に発症することもあります。
その場合には両方の治療を行っていく必要があります。

空の巣症候群に陥りやすい人の特徴と予防

空の巣症候群に陥りやすい人の特徴として1番挙げられるのは子育て熱心な専業主婦です。いままで子育てに注力してきた分、その役割を失ったときの精神的ストレスが大きくなるようですね。

そのほかにも、家にいる時間が長い、趣味がない、夫婦関係がうまくいっていない、家族以外との付き合いが少ないなどが陥りいる方の共通点だと言われています。

この特徴に当てはまる方は注意が必要です。

予防策としては

趣味など子供以外の生きがいを見つける

子供は巣立っていくものと覚悟決まる

子供が独り立ちした後のライフプランを考えておく

同じような境遇の友人と連絡を取り合う

夫婦関係の改善

子供以外に楽しみを持つことが1番効果がある予防策ですね。

また子供が独り立ちするタイミングで節目として夫婦ふたりで旅行するのがおすすめです。
しっかりと子供の独り立ちを節目として捉えることで切り替えもスムーズにできます。

空の巣症候群の治療、改善法

空の巣症候群は精神的要因なので生活改善が主な治療になります。

生活改善の内容としては、
・趣味や習い事をはじめ新しい生きがいを見つける
・夫婦間の関係見直し
・睡眠改善
などです。

また精神症状が重い場合には抗うつ剤、抗不安剤の投与する場合もあります。

抗うつ剤詳細→抗うつ剤とは 効果と副作用

空の巣症候群の改善には家族(主に夫)の必要が不可欠です。
一人抱え込まず必ずパートナーに打ち明けましょう。

放っておくことは1番危険です。症状の悪化を招く危険性もあり、最悪の場合「うつ病」になることも考えられます。

あなたが思っている以上に精神にダメージをきたしてる場合もありますので
絶対に放置はやめましょう。

空の巣症候群関連記事

空の巣症候群の予防は趣味を持つこと!おすすめ趣味4選

空の巣症候群みんなの事例と克服法

管理人より

40代後半を過ぎると色々なところに、問題が発生しますね。
非常に辛いとは思いますが、ここを乗り越えることができれば、豊かな生活が待っています。

しっかり対処して豊かな生活を手に入れましょうね。

-空の巣症候群, 間違えられやすい病気

Copyright© 更年期障害サポートサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.