症状別対処法

更年期の眠気対処法は?

更新日:

更年期の女性は、どれだけ寝ても寝たりないという症状で悩まされることがあります。

なぜ眠気が強くなるのか理由を見ていきましょう。

①正常な状態であれば昼間に交感神経が活発になって夜間に副交感神経が優位になる
②更年期はエストロゲンの減少で脳の視床下部が混乱する
③自律神経に乱れが生じて眠て仕方がない状態に陥る

加齢による影響なので仕方がありませんが、日常生活に支障が出ることが多いので更年期の眠気の効果的な対処法についてまとめてみました。

更年期におすすめのサプリメントを摂取する

更年期の女性のために作られたサプリメントは、眠気の対処法の一つです。

数多くの製品の中でもリラクル リラクミンSeが適しており、どんな成分が入っているのかまとめてみました。

・安心のハーブ素材として注目を集めているラフマ葉エキス
・ラフマ葉エキスとの併用でリラックス作用を得られるギャバ
・夜の休息や憂鬱の症状に効き目があるクワンソウ

これらのハーブや植物エキスがバランス良く含まれており、快適な睡眠が得られるようにサポートしてくれます。

以下のページでも詳しくご紹介しているので、眠気で悩まされている女性はリラクル リラクミンSeを飲んでみてください。

管理人イチオシ更年期サプリメントまとめ

ウォーキングなど適度な運動を行う

ウォーキングやストレッチなど、毎日の生活の中で適度な運動を取り入れるのは効果的です。

軽く身体を動かすことで脳が活性化し、身体が疲れれば夜に自然な眠りへと導いてくれます。

・1日に20分間~30分間を目安に有酸素運動を行う
・筋力トレーニングなど激しい運動は避ける
・短期間で変化を得るために努力するのではなく長期的に行う

ただ漫然と身体を動かすのではなく、上記の3点に気を配ってみてください。

精神的なストレスを発散する

更年期に眠気を感じるのはホルモンや自律神経のバランス崩れが大きな原因なので、精神的なストレスを発散しましょう。

・リラックスできる音楽を聴いたり映像を流したりする
・半身浴を行って身体を温める
・自分の好きな趣味に没頭する
・家族との会話をする機会を増やす
・アロマを焚いて部屋の中に良い香りを充満させる

このようにご自身に合ったストレス発散法を見つけるのが大事で、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが整えば昼に活発になって夜に眠くなるという正常な状態へと導いてくれます。

あまりにもストレスが溜まっていると、今度は眠気ではなく「寝付けない」「夜間に起きてしまう」など睡眠障害の原因となりやすいので十分に注意してください。

-症状別対処法

Copyright© 更年期障害サポートサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.